オルニチンが注目される理由

HOME > オルニチンが注目される理由

オルニチンはお酒が好きな方や肝臓や肝機能が気になる空に人気の成分。
健康診断で「ガンマGTPが高い」などの検査結果を受けた人がガンマ数値を下げるためにサプリメントやオルニチンが含まれた食事をすると、改善する見込みがあります。

肝機能が弱まると様々な弊害があります。
アルコールやお酒だけでなく、臓器が弱いと「ぎっくり腰」にもなりやすいのです。
ぎっくり腰は筋肉の衰えが原因と想いがちですが、実際には6割くらい方は「臓器が弱っている」ということに問題があります。
お腹を触ると硬かったり、パンパンに張っている状態の人は間違いなく臓器が疲労を起こしていると想っても間違いないでしょう。

アルコールを飲まない女性や男性でも臓器の働きを活発するために「オルニチン」を積極的に摂取する事をお薦めいたします。
オルニチンが含まれるものは「しじみ」が有名。
しじみのお味噌汁を採るのもいいのですが、毎日しじみの味噌汁を飲むわけにはいかないでしょう。
そんな時には「健康食品」などで補うのがベストです。


どころでオルニチンって何?

「オルニチン」は肝臓で活躍するアミノ酸の事です。
ビタミンなどの成分名と違い、聞きなれない成分ですが、日常的に口にする食材にも微量ながら含まれており、また、私たちの身体の中にも存在しています。

オルニチンは、肝臓の働きを保ち疲労回復をもたらすことが期待されています。
ウコンの数倍の効果が期待でき、習慣的に摂取する事で臓器の値、特にガンマGTPなどの数値は改善されるケースが有名です。


オルニチン効果ならしじみ

「肝臓に良い食材」としての有名なのがしじみです。
その理由の一つが、オルニチンが豊富に含まれているからです。

肝機能改善に有効な成分はオルニチンのほかにも「良質のタンパク」「タウリン」「アラニン」「ビタミンB12」などがありますが、それらの成分は牛乳やホタテ、イカ、アサリにも、シジミと同程度かそれ以上に含有されています。
しかしオルニチンだけは、シジミだけに飛び抜けて多く含まれる成分なのです。