オルニチンの効果効能

HOME > オルニチンの効果効能

オルニチンには多くの効果がありますが、最も有名なものが、肝臓への効果。
肝臓と聞くとアルコールやお酒好きな人を思い浮かべますが、お酒を一切飲まない方でも「肝臓」はダメージを受けている、機能低下をしているケースはよく見かけられます。

健康診断で言えばガンマGTPなどの数値で判断可能です。

臓器、肝臓で怖いのは「ほとんど痛みも違和感も感じない」ということ。

体力が回復しないとか、疲れやすくなった、朝が起きられないという方は肝臓が悲鳴をあがているのかもしれません。
事実、オルニチンを1週間前後積極的に摂取したら「目覚めが良くなった!」「疲れが抜けやすくなった!」という声も多く、それほど肝臓は私たちの日常生活に深く関わっているのです。

オルニチンにはオルニチンサイクルと呼ばれるアルコールの分解過程で生まれる毒素を解毒する効果もあります。
めまいや頭痛などはこの毒が残っていると起こるのですが、その分解を助けることで体を守ることができます。