オルニチンとは

HOME > オルニチンとは

オルニチン、一度は聞いたことある方もいるかもしれませんが、オルニチンの正体をご存知の方は少ないと思います。では、オルニチンとはなに?と思っている方も多くいると思うので、調べてみましょう。

オルニチンとは、肝臓で活躍するアミノ酸で、私たちの身体の中に存在している成分なんです。日常的に口にする食材にも微量ですが含まれているんですよ!それが何に効果があるのか。そこが重要ですよね。

肝臓の働きをスムーズにして疲労回復に効果的!

オルニチンは、肝臓の働きを保ち、疲労回復をもたらしてくれることが期待されているんです。オルニチンは、血液に溶け込んだ状態で体内を巡ります。そして、肝臓での働きは、有害物質であるアンモニア解毒を担うなど、とても重要な働きをしてくれるのです。

シジミなどにも含まれるオルニチン!

肝臓にいい食材で認知度が高いシジミ。その効果のカギがオルニチンであると言われています。オルニチンは、ほかの食材にも微量に含まれていますが、シジミだけに飛びぬけて多く含まれている成分なんですよ。