肝臓とオルニチン

HOME > 肝臓とオルニチン

肝臓とオルニチンの関係性を調べていきたいと思います。
オルニチンは、遊離アミノ酸の一種で、シジミに多く含まれています。
シジミは、昔から肝臓に良いと言われていますね。肝臓には、たくさんの機能があり、その中の一つにアンモニアなどの解毒機能があります。

アンモニアは有害物質!?

アンモニアとは、タンパク質が体内で分解されてできる有害物質です。
オルニチンには、アンモニアを分解して解毒し、尿素へ変える働きがあります。
これを、オルニチンサイクルと言い、またの名を尿素サイクルと言います。

体内の毒をオルニチンで体外へ!!

オルニチンに変えられた尿素は、尿に含まれて体外へ排出されるのです。
細胞内でのエネルギー生産を妨げるアンモニア。なので、疲労にも関係すると言われています。
肝臓で正常に解毒機能が働いていないと、アンモニアが解毒されません。それで、疲労がたまってしまうと考えられています。そのため、最近ではオルニチンを摂取することが注目を集めています。