アミノ酸とオルニチン

HOME > アミノ酸とオルニチン

みなさんが知る、シジミに多く含まれている成分オルニチン。オルニチンは遊離アミノ酸の一種なんです。そう言われても、遊離アミノ酸ってなに?と思いますよね。

遊離アミノ酸って?

遊離アミノ酸とは、私たちの細胞の原料となる必須アミノ酸が不足した時に、タンパク質になる材料として働いてくれるものです。通常、遊離アミノ酸は肝臓や筋肉の中で貯蓄されていますが、血液に乗って循環することができるので、すぐに補い体制を整えてくれることができます。

また、遊離アミノ酸が過剰に体内に含まれている状態が起きた時には、余分なアミノ酸を体内から体外に排出してくれる働きもあるのです。

まだまだある!オルニチンの摂取方法!

遊離アミノ酸ことオルニチンは、いろいろな食品に含まれていますが、シジミは別として、ほとんど含まれていないと言ってもいいような量しか含まれていません。最近では、オルニチンをはじめ、遊離アミノ酸サプリメントなどいろいろな種類のサプリメントがあるので、試してみるのはどうでしょうか?